CAD/CAM冠保険で白い被せもの

  •  CAD/CAM冠とは?

    これまでの被せ物は歯科技工士の手作業で作製されていました。
    CAD/CAM冠は模型をスキャンし、パソコンに歯のデーターを入力します。そのデーター上で歯の形状をデザインし、ハイブリッドセラミックのブロックから削り出して被せものを作製します。
    これからの歯科業界が直面する歯科技工士の高齢化による人手不足の解消や歯科用金属の高騰のため金属の代替案としてCAD/CAM冠が普及し、メタルフリー化を促進するものと期待されています。しかし、設備投資の費用が高額なため一部の技工所しか導入出来ておりません。

  •  どの歯でもできるの?

    当初、小臼歯のみが対象でしたが、平成29年12月より下顎第一大臼歯も保険適応になりました。
    (但し、金属冠に比べ割れやすいため上下左右第二大臼歯が残っており、歯ぎしり、食いしばり等、歯に過剰な力が加わらないことがなどの条件があります)
    詳しくは、Drにご確認ください。
    また、どの歯科医院でもCAD/CAM冠ができる訳ではなく、厚生労働大臣が定める施設基準に適合していると認められた歯科医院でのみ治療が可能です。(H29年時点でおよそ6割の歯科医院で認可されています)

  •  治療費は?

    おおよその目安として
    歯を削って型取りするときに約2,500円
    装着時に約5,000円~約6,000円
    CAD/CAM冠が保険適応になる前は、 ハイブリッドセラミクス冠のが5万円(自由診療)だったので、大変お得になりました。

  • CAD/CAM冠のメリット

    今まで金属冠を入れていた歯に白い被せものができるようになり、話しているときや笑ったときに金属が見えることがなく安心です
    金属アレルギーを起こしたり、金属によって歯茎が黒ずんで見えたりする心配がありません

  • CAD/CAM冠のデメリット

    単色のブロックを削り出すため天然歯のようなグラデーションを出すことが困難です。
    強力なセメントで接着しますが、歯ぎしり等で歯がすり減ったり、元々の歯が短い方は外れやすくなります
    過度の力が加わると割れる可能性があります

  • CAD/CAM冠のデメリット
    単色のブロックを削り出すため天然歯のようなグラデーションを出すことが困難です。
    強力なセメントで接着しますが、歯ぎしり等で歯がすり減ったり、元々の歯が短い方は外れやすくなります
    過度の力が加わると割れる可能性があります